動物園にZOOっと夢中

動物園がより楽しくなる情報を現地レポート、写真を通して発信してます。

【レポ#9】肉食獣が最高すぎた!日本平動物園現地レポート(2020/09/26)【動物園】

f:id:zoonimal:20201108004841j:plain

 

 こんにちは。

 9月26日に静岡県静岡市日本平動物園に遊びに行ったので、そのときの写真をまとめました。

 日帰り旅行でタイムリミット2時間と短い時間でしたが、時間の限り楽しんできましたので、一緒にお楽しみいただけたらと思います!

 

www.nhdzoo.jp

 

 

目次

 

 

 

いざ、入園!

 

f:id:zoonimal:20200927153329j:plain

 

 行ったことのない動物園へ行くのは半年ぶりだったのでとってもワクワクしておりました。

 天気が悪くて雨もまばらに降ってたので、本降りにならないことを祈りつつ入園。4連休明けの土曜日かつ不安定な天候ということもあってか混んでいる印象はありませんでした。

 現在は流行り病対策で熱帯鳥類館、夜行性動物館、爬虫類館など一部の施設が閉鎖されており、生き物の食事やふれあいイベントなども全て中止でした。

 

f:id:zoonimal:20200927153421j:plain

 

 日本平動物園公式キャラクター、レッパーくんがお出迎え。

 

f:id:zoonimal:20200927160400j:plain

 

 謎すぎる置物もお出迎え。こちらは静岡市姉妹都市であるアメリカのオマハ市から送られてきたタヌキの像です。

 とっても独創的なタヌキ……。ちなみに日本平動物園でタヌキは飼育されておりません。

 

 

日本平動物園レッサーパンダの聖地

 

 日本平動物園といえば、レッサーパンダ。全国のレッサーパンダの血統登録や繁殖管理をしており、あの旋風を巻き起こした千葉市動物公園風太くんも日本平動物園生まれです。

 千葉市動物公園は私の行きつけの動物園でもあるので、ここのレッサーパンダを見られることも心待ちにしてました。

 レッサーパンダ館は入場して一番手前、意気揚々と向かってみると……!

 

f:id:zoonimal:20200927153438j:plain

 

 いない!!

 

 立派な展示施設ですが、残念ながら外には1匹も出ておらず。天気の影響かな。

 レッサーパンダ館と併設されているビジターセンターでは室内展示もされているようなので、そちらに向かうことに。

 

f:id:zoonimal:20200927153454j:plain

 

 こちらでは生き物のはく製や動物園の歴史を知ることができます。

 奥にあるのがレッサーパンダ館の室内展示エリアです。

 

f:id:zoonimal:20200927153512j:plain

 

 一見いないように見えますが……。

 

f:id:zoonimal:20200927152127j:plain

 

 木の橋で発見!

 めちゃくちゃ近くで見ることができました。

 

f:id:zoonimal:20200927152132j:plain

 

 かなりまったり寛いでおりました。

 ここを気に入っているようでなかなか橋から離れず。時間がなかったので、惜しみつつも後にしました。

 ちなみに外に出ていないだけであって合計3匹は見ることができました。

 

 

肉食獣が集う猛獣館299

 

 続いては多くの肉食獣が飼育されている猛獣館299。299とは肉球を表しているとのことです。

 肉食獣が大好きな私はここもずっと楽しみにしておりました。さっそく入館!

 

f:id:zoonimal:20200927153234j:plain

 

北極圏の仲間たち

 

 

 猛獣館299は4階建てとなっており、1階では北極圏に棲む肉食獣が展示されておりました。

 

f:id:zoonimal:20200927152200j:plain

 

 日本平動物園の人気者、ホッキョクグマです。同園ではオスのロッシーとメスのバニラが飼育されており、特にロッシーは国内最高齢の35歳です(私は2頭の見分けが全くつかず……残念。笑)

 

f:id:zoonimal:20200927153733j:plain

 

 ホッキョクグマの展示エリアはドーム状になっています。時間を置いて戻ってきたらドームの上を立ったり泳いだりする姿を見ることができました!

 

f:id:zoonimal:20200927160325j:plain

 

f:id:zoonimal:20200927153748j:plain

 

f:id:zoonimal:20200927160241j:plain

 

 肉球もバッチリ。

 

f:id:zoonimal:20200927152216j:plain

 

 2階からは1階の展示エリアを俯瞰で見ることもできます。

 

f:id:zoonimal:20200927152221j:plain

 

f:id:zoonimal:20200927152237j:plain

 

 可愛い……。

 今回は寝ている姿、泳いでいる姿、陸で起きている姿全て見ることができてラッキーでした。

 

f:id:zoonimal:20200927151149j:plain

 

 ホッキョクグマの他にもゴマフアザラシを展示。このように筒状の水槽があり、下に向かって泳いだり息継ぎのために上がったりする姿を見ることができます。

 

f:id:zoonimal:20200927153253j:plain

 

 2階からは水面の様子を見られます。何頭か水死体のように浮かび上がっています……笑

 

f:id:zoonimal:20200929220436j:plain

 

 ※めっちゃ元気です。

 

f:id:zoonimal:20200927152211j:plain

 

 2階にはシロフクロウも展示されていました。

 

f:id:zoonimal:20200927152206j:plain

 

 カメラ目線でウインク!可愛さ満点です。

 

かっこいいネコ科肉食獣たち

 

f:id:zoonimal:20200927152253j:plain

 

 2階から4階にかけては比較展示として世界中のネコ科の猛獣が飼育されています。

 まずはアムールトラから。

 

f:id:zoonimal:20200927152258j:plain

 

 めちゃくちゃ近くで見ることができました。

 そして、この愛くるしい顔……!

 

f:id:zoonimal:20200927152304j:plain

 

f:id:zoonimal:20200927152313j:plain

 

f:id:zoonimal:20200927152325j:plain

 

 本当に可愛い。可愛すぎる。

 

f:id:zoonimal:20200927152344j:plain

 

f:id:zoonimal:20200927152350j:plain

 

 あ、これは獲物を見る目……笑

 

f:id:zoonimal:20200927152436j:plain

 

 アムールトラの隣にはライオン。

 オスが老衰で死亡したため、現在はメスのみの展示となっています。

 

f:id:zoonimal:20200927152426j:plain

 

f:id:zoonimal:20200927152415j:plain


 あくび。

 ネコ科はベロを出しがち。

 

f:id:zoonimal:20200927152357j:plain

 

 ライオンの隣には何とビックリ、ミーアキャット。

 

f:id:zoonimal:20200927152402j:plain

 

f:id:zoonimal:20200927152408j:plain

 

 キャットとついていますが、実際はマングース科。

 可愛い顔していますが、立派な肉食獣なんです。

 

f:id:zoonimal:20200927153313j:plain

 

 3階に上がるとアムールトラを上から見ることができます。

 この高さまで自力で上がってこれるトラ凄い……。

 

f:id:zoonimal:20200927152449j:plain

 

 3階からはジャガーが展示されています。

 この子の名前の卯月小助という男の子。やけに武士っぽい名前をしていますが、4月生まれ+真田十勇士穴山小助が名前の由来だそうです。

 

f:id:zoonimal:20200927152454j:plain

 

 ネコ科の中ではジャガーが一番かっこいいと思ってます。

 かっこよすぎて売店で小助くんのポストカード買いました。

 

f:id:zoonimal:20200927152443j:plain

 

 ボールで遊ぶ可愛い姿も。

 ここでは小助くん以外に小梅ちゃんというメスの黒いジャガーも見ることができます。

 小梅ちゃんも見られることをとても楽しみにしていましたが、残念ながらこの日は見ることができませんでした。見ることができなかった分、また次も行きたくなっちゃいます……!

 

 アムールトラジャガーの他にはピューマ、ライオンも見ることができます。このとき、ピューマは3階では見られませんでした。

 先ほどのライオンの写真、3階で撮った気がしなくもないけど、覚えていない……笑

 

 4階ではジャガーピューマが見られます。ジャガーは小助くんが下にいたので見られませんでしたが、ピューマはいました。

 

f:id:zoonimal:20200927153604j:plain

 

 おわかりでしょうか、すやすや寝ている2匹のピューマが。

 

f:id:zoonimal:20200927152506j:plain

 

 守りたいこの寝顔。

 

f:id:zoonimal:20200927153157j:plain

 

 1時間ほど時間を置いて戻ってきたら、起きてました。

 起きているピューマを見るのはこの日が初めてでした。

 

f:id:zoonimal:20200927153207j:plain

 

 ピューマの手前にお花。可愛い。

 

f:id:zoonimal:20200927153223j:plain

 

 ピューマはトラやライオンよりもネコっぽい顔つきだなと思いました。

 でも、首から下が屈強すぎてビックリ。

 

 猛獣館299では以上8種の生き物が展示されています。

 一生いられる空間でした……!また行きたい……!!

 

 

規格外の広さ、フライングメガドーム

 

f:id:zoonimal:20200927151116j:plain

 

 続いては一目見てわかるとんでもなく広い展示エリア、フライングメガドーム。

 一言でいえば超巨大な鳥かごで自分たちも入ることができます。

 動物園では時折り見る展示施設ですが、日本平動物園のフライングケージは今まで見た中で一番広かったです。

 

f:id:zoonimal:20200927152732j:plain

 

 フラミンゴ。唯一撮ったフラミンゴの写真なのにめっちゃ白飛び。

 

f:id:zoonimal:20200927152737j:plain


 カルガモ。必死に首を伸ばして水を飲みます。
 元々こういう飲み方なのか、この子が独特な飲み方をしているだけなのか……。

 

f:id:zoonimal:20200927152742j:plain

 

 インカアジサシ。

 何かを口に咥えていますね。枝っぽくてご馳走には見えませんが……。

 

f:id:zoonimal:20200927152751j:plain

 

 落とした。

 

f:id:zoonimal:20200927152757j:plain

 

 くるんとカールした毛が特徴です。

 施設内を活発に飛び回る姿を見られるほか、近くに止まってくれることも多かったです。

 

f:id:zoonimal:20200927152835j:plain

 

 嘴を合わせて何やら良い雰囲気の子たちも。

 

f:id:zoonimal:20200927152802j:plain

 

 ショウジョウトキ。

 ショウジョウトキは全身真っ赤が特徴ですが、この子は色が薄かったのでなんじゃこりゃとなりました。施設内の看板によると若いときはこのように茶色くて、9か月くらいで真っ赤になるみたいです。

 

f:id:zoonimal:20200927152807j:plain

 

 真っ赤になった姿がこちら。

 フラミンゴの赤ちゃんではありませんよ。

 

f:id:zoonimal:20200927152831j:plain

 

 モモイロペリカン

 ここのペリカン、みんなで群れになって泳いでいたのがめちゃくちゃ可愛かったです。

 

f:id:zoonimal:20200927152814j:plain

 

 動画撮っておけば良かった!と今になって後悔。

 私あるあるです笑

 

f:id:zoonimal:20200927152820j:plain

 

 オシドリのオス。

 オスがこの姿になるのは恋の季節だからです。オシドリはこの羽のイメージが強いですが、非繁殖期ではメスのように地味にな見た目をしています。

 

f:id:zoonimal:20200927152848j:plain

 

 ホオジロカンムリヅル。

 綺麗で立派で大きいのでケージ内でも独特な雰囲気を醸し出してました。

 

f:id:zoonimal:20200927152825j:plain

 

 ケージ内にはこんな生き物も。

 ジェフロイクモザルです。

 ケージ内にはクモザルの島があり、そこでのびのびと過ごしていました。

 

f:id:zoonimal:20200927152015j:plain

 

 遠くにアムールトラが見えます。

 めっちゃこっち見てる……笑

 

 

可愛い生き物大集合、ふれあい動物園

 

f:id:zoonimal:20200927153638j:plain

 

 こちらはアヒルカピバラなど可愛くて子どもにも優しい生き物が多く揃ってます。室内展示のふれあい館は閉鎖されてましたが、屋外は通常通り展示されてました。

 

f:id:zoonimal:20200927152549j:plain

 

 まずは可愛いインコ、オウムから。こちらはアオボウシインコ。

 頭部がグラデーションになっていてとっても綺麗です。

 

f:id:zoonimal:20200927152535j:plain

 

 シロビタイムジオウム。

 どこで名前を区切ればよいかわからない……!

 

f:id:zoonimal:20200927152543j:plain

 

 うっすらサーモンピンク色で可愛らしいオウムです。 

 

f:id:zoonimal:20200927152611j:plain

 

 インコ、オウムゾーンを進むとアヒルちゃん。

 相変わらずもちもちしてて可愛いですね。

 

f:id:zoonimal:20200927152553j:plain

 

 こちらはアヒルの大人……ではなくガチョウ。

 とんでもなくうるさい声で鳴き警戒心も強いので番犬代わりにもなるらしいです。

 

f:id:zoonimal:20200927152617j:plain

 

 カピバラ

 後ろがガラス張りになっていたので、ちょうどカピバラさんのお尻を拝むことができました。

 

f:id:zoonimal:20200927152628j:plain

 

 こちらはヤギ。ヤギやヒツジなどは風通しが良いからか屋内でも見ることができました。

 2匹顔を合わせていえーい!

 

f:id:zoonimal:20200927152634j:plain

 

 牛柄みたいなヤギも。

 

f:id:zoonimal:20200927152651j:plain

 

 力比べをしている場面も。

 角がぶつかり合って「カツン!」と良い音が響き渡ってました。

 

f:id:zoonimal:20200927152639j:plain

 

 ヒツジ。外を見つめています。

 口に草がついているも全く気にせず。 

 

f:id:zoonimal:20200927152656j:plain

 

 シェランドポニーのチェリーくん。

 真っ白な毛がとても綺麗でした。

 

f:id:zoonimal:20200927152707j:plain

 

 ウマのレベッカくん。

 この子もとっても綺麗で筋肉質で惚れ惚れしちゃいます……。

 

f:id:zoonimal:20200927152714j:plain

 

 プレーリードッグ

 かなーりうとうとダラダラしてました。

 

f:id:zoonimal:20200927152719j:plain

 

 こんなにも自由なプレーリードッグは見たことありません笑

 ガラス張りの守られた空間にいるので襲われる心配がないことをわかっているのかもしれないですね(遠くから聞こえる生き物の鳴き声には反応してました)。

 

 

日本で唯一の展示、ヒゲワシ

 

 ヒゲワシは今回楽しみにしていた生き物の一種です。というのも、ヒゲワシは国内ではここでしか見られないから。

 ヒゲワシは猛禽舎で見ることができます。

 

f:id:zoonimal:20200927153012j:plain

 

 名前はクリッパー。女の子です。

 この通り、嘴の下から髭のような羽毛が生えています。

 なんだか和風チックな見た目をしていますが、日本には住んでおらずインドやアフリカで暮らしています。

 

f:id:zoonimal:20200927153016j:plain

 

 こう見えてハゲタカの仲間で骨を溶かすほどの強力な消化器官の持ち主。

 野生では骨を高いところから落として砕いて食べるという面白い習性を取るみたいです。

 

 

f:id:zoonimal:20200927153021j:plain

 

 世界的に見ても野生の個体数も動物園での飼育数も少ない貴重な鳥で、クリッパーちゃんが亡くなってしまうと日本で見られることはもうないかもしれないほどみたいです。

 既に高齢ではありますが、少しでも長生きして色々な方にヒゲワシの存在を伝えてほしいですね。

 

 

 

野性味あふれる草食獣舎

 

 オランウータン館の隣にあるのが草食獣舎。

 こちらでは、アクシスジカ、バーバリーシープ、ベネットアカクビワラビーが見られます。

 

f:id:zoonimal:20200927152930j:plain

 

 アクシスジカ。

 立派な角と白い斑点が特徴です。その容姿から世界一美しいシカと言われています。

 

f:id:zoonimal:20200927152935j:plain

 

 凛々しい顔立ちに細くて立派な角。

 世界一と言われるのも納得です。

 

f:id:zoonimal:20200927152940j:plain

 

 こちらはバーバリーシープ。ヒツジかヤギかと言われるとヒツジに近い仲間のようです。

 高いところがお好きな生き物で何頭か岩場に上っていましたが、この子だけは地上を歩いていました。

 

f:id:zoonimal:20200927152915j:plain

 

 最後はベネットアカクビワラビー。ワラビーとは小型のカンガルーに使われる名称です。

 このベネットアカクビワラビーはワラビーの中では最大種です。

 

f:id:zoonimal:20200927152904j:plain

 

 いらっしゃいませのポーズ?

 何とも礼儀正しい子です(勘違い)。

 

 

〇〇を被ったオランウータンが可愛い!

 

 続いてはボルネオオランウータンが暮らすオランウータン館。

 外から遊んでいる様子が見られなかったため館内に入ってみることに。

 

 

f:id:zoonimal:20200927152859j:plain

 

!!!

 

これは……!

 

f:id:zoonimal:20200927152855j:plain

 

 可愛い!

 

 リンゴ模様の布を被りながら草をモグモグ食べていました。

 オランウータンは道具を使うことでも有名な生き物ですが、今回初めてその様子を撮ることができました。

 雨で肌寒くなっていたからか元々お気に入りなのか……素敵な一面を見ることができました。

 

 

フンボルトペンギン、下から見るか上から見るか

 

f:id:zoonimal:20200927153106j:plain

 

 ペンギン館ではフンボルトペンギンが水中で泳いでいる姿と陸で休んでいる姿の両方を見ることができます。

 そしてなんと、頭上もガラス張りになっている場所があり下から見れるんです。私は見過ごしました。無能です。

 

f:id:zoonimal:20200927153111j:plain

 

 上からもこの通り。スイスイと気持ちよさそうに泳いでおります。

 

 

国内最高齢のアメリカバイソン

 

 冒頭で国内最高齢のホッキョクグマを紹介しましたが、同園ではもう一種、国内最高齢の生き物がいます。

 それがこちら。

 

f:id:zoonimal:20200927153116j:plain

 

 アメリカバイソンのモモちゃんです。

 御年27歳。

 なんと1995年から同園で暮らしているそうです。

 

f:id:zoonimal:20201001021224j:plain

 

 さすがにおばあちゃんで体調が優れない日も少なくないようですが、この日は元気な姿を見せてくれました。

 

 

まだまだたくさんの動物がいました!

 

 この他にも多くの生き物が暮らしていたので一気にご紹介いたします!

 

 サバンナの掃除屋、ハイエナ

 

f:id:zoonimal:20200927152149j:plain

 

 猛獣館299の前に2頭のブチハイエナが別々のケージで飼育されていました。 

 

f:id:zoonimal:20200927152154j:plain

 

 檻と観覧場所に距離があるので撮るのが難しい……。しかし、それも安全のため。

 目で見る分にはまったく問題ない距離ですよ。

 

個性豊かなサルたち

 

 動物園でよく見るサル山こそなかったものの、中型サル舎と小型サル舎の2つがあり色々なサルを見られます。

 

f:id:zoonimal:20200927152137j:plain

 

  ブラッザグエノン、言いにくさNo.1。

 泳ぎが得意なサルです。

 

f:id:zoonimal:20200927152142j:plain

 

 アビシニアコロブス、言いづらさNo.2。

 葉っぱを主食とするサルです。

 

 中型サル舎には国内では数少ないエンペラータマリンが見られるのですが、檻越しにピント合わせるの未だに苦手で上手に写真が撮れず……。

 エンペラータマリンは日本平動物園の他に千葉市動物公園にもいるので、いつか上手に撮影したい……! 

 

f:id:zoonimal:20200927153002j:plain

 

 小型サル舎のクロミミマーモセット。

 檻をレロレロしておりました。

 

一目惚れしました

 

 いつだって出会いは突然。

 一目見て好きになってしまった生き物もいました。

 

f:id:zoonimal:20200927152511j:plain

 

 オオアリクイです。

 今までアリクイはミナミコアリクイという小さなアリクイしか生で見たことがなかったため、こんなにも大きいのかと衝撃を受けました。

 それと同時に今までの自分の中でのアリクイの概念がぶち壊れ、ギャップとも言える魅力を感じてしまったのです……。

 

f:id:zoonimal:20200927152518j:plain

 

 オオアリクイが展示されていること自体は知っていて日本平動物園の公式YouTubeでも事前に動画は見ていましたが、やはり動画で見るのと生で見るのは違いますね。

 偶然にも近々オオアリクイを飼育している別の動物園へ行く予定なので、そこでもしっかり堪能してきたいと思います。

 

かっこいい猛禽類

 

 猛禽舎には先ほどのヒゲワシの他にコンドル、ハクトウワシが暮らしています。

 

f:id:zoonimal:20200927153006j:plain

 

 アンデスコンドル。

 顔をハッキリと写して撮れたのは今回が初めてでしたが、面白い顔つきをしていますよね。 

 体重は最大で15kgと飛べる鳥の中では最大クラスの重さです。

 

f:id:zoonimal:20200927153040j:plain

 

 ハクトウワシ

  オスよりメスの方が大きくなる鳥です。

 

f:id:zoonimal:20200927153051j:plain

 

 英名はBald eagle、禿げたワシという意味ですが禿げているわけでもハゲワシでもありません。ややこしい……! 

 

大型の美しい鳥たち

 

 猛禽舎やフライングメガドーム以外にも大きな鳥が暮らしています。

 それはふれあい動物園の手前の通路にいました。

 

f:id:zoonimal:20200927152524j:plain

 

 美しいインドクジャク

 現地では神聖な鳥として扱われてますが日本では外来生物として駆除活動が続けられています。

 

f:id:zoonimal:20200927152530j:plain

 

 タンチョウ。

 日本を代表する美しい鳥ですが、なかなか野生では見られませんよね。今も手厚い保護が続けられています。

 

大きい草食動物

 

 最後は動物園の人気者、どっしり構えた草食動物たちです。 

 

f:id:zoonimal:20200927152945j:plain

 

 シロサイ。

 2頭一緒に展示されていました。

 

f:id:zoonimal:20200927152950j:plain

 

 立派な角ですが実は骨ではなくケラチンという髪の毛や爪と同じ成分でできたものです。

 ざんねんないきもの事典では帯にまで書かれてしまったほどのざんねん事実。毛や爪と同じだけあってちょっとずつ伸び続けるみたいです。

 

f:id:zoonimal:20200927152956j:plain

 

 マレーバク。どういうシチュエーションかというと、プールで寛いでいるところです。

 隣のお部屋ではマレーバク親子が一緒に昼寝をしていました。暗かったので写真は撮れませんでしたが、めっちゃ可愛かった……。 

 

f:id:zoonimal:20200927153128j:plain

 

 キリン。

 反対側に回れば檻越しにはなりますが、キリンと同じ目線で見ることができました。

 

f:id:zoonimal:20200927153133j:plain

 

 ドアップ。

 できる限り写真の面積を顔面で覆いつくしたくなっちゃいます。 

 

f:id:zoonimal:20200927153228j:plain

 

 ラスト、アジアゾウです。お尻がぷりちー。

 待っていれば正面も見れたと思いますが、時間が差し迫っていたので残念ながらこの1枚のみに……。 

 

日本一の〇〇

 

 日本平動物園にはこんなものもあります。 

 

f:id:zoonimal:20200927152023j:plain

 

 オートチェア&ローラースライダー。

 特にローラースライダーは日本一長い滑り台でなんど390mもあります。お尻が焼け死にそう笑

 オートチェアで上った先にはふしぎな森の城というエリアがあります。ここでは生き物が展示されているわけではなく、生き物の秘密や飼育員のバックヤードの再現が描かれています。

 そして、展望広場では富士山を一望することも!……なのですが、現在ふしぎな森の城は閉鎖中、悪天候で富士山見れない、時間が足りないという三重苦で上るのは諦めることに。残念……。 

 

 

感想

 

 タイムリミット2時間ではあったものの、急ぎ足で回ることでかろうじて猛獣館299に2回入ることができました。しかし、爬虫類館などが閉鎖されていることやオートチェアに乗らなかったことで何とか回れた感じで、フルで楽しむならやはり2時間では足りませんでしたね。

 閉鎖されていた施設、外に出ているレッサーパンダ、黒ジャガーの小梅ちゃん、展望広場から見る富士山……まだまだ見られていないものがたくさんあって満足できません!でも、1回で全て堪能できないからこそまた行きたくなりますし、行くたびにみんな新しい表情を見せてくれますからね。またいつか必ず行きたいと思います!

 最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

 

 

こちらもオススメ!

 

zoonimal.hatenablog.com

 

zoonimal.hatenablog.com